北澤 良 RYO KITAZAWA

ハードウェアからソフトウェア、上流工程から下流工程
すべてに携わるリードエンジニア

北澤 良 RYO KITAZAWA

茨城大学大学院工学研究科博士前期課程(理学専攻物理系)修了。大学にて、ハード系・電子系・ソフト系に広く携わり開発を行う。2012年サイエンティフィックつくば入社。入社後は、科学館での保守・運用業務、大手インフラの設定器開発に従事。

入社前の経歴

大学では天文分野の赤外線観測装置の駆動系研究開発をJAXA(相模原キャンパス)で実施しており、ハード系からソフト系まで広く携わっていましたので、就職後もその経験が活かせればと思い、サイエンティフィックつくばを選びました。またプラネタリウム開発の大平技研とも一緒に仕事をしたと聞き、入社を即決しました。

現在の仕事

科学館では主にドームシアター関係の仕事を多く任されています。ドームシアターでは毎日の運用・保守、新しいコンテンツの作成、ドームへの装填作業、上映用のスクリプト作成などに携わっています。また、ドームシアターでのイベント対応もあり、映像系の新しい試みに携われるがとても面白いです。2016年に携わったコンテンツは有名な監督さんのもとで作成され、そのエンドロールに載ることができたのが嬉しかったです。室町オフィスでの開発業務ではお客様と直接会話することができ、提案からシステム開発の全工程に関われることにやりがいを感じます。自分がチャレンジしたい開発に対して会社が積極的に支援してくれるのが有難いですね。

サイエンティフィックつくばの魅力

室町オフィスでの開発業務は自由度が高いです。自分がやりたいことを相談すると、それに必要な機器などを揃えてくれて、より良い仕事につなげていくことができます。開発における売り上げ還元率が高い点も魅力的です。会社への貢献度に応じて、きちんと会社が応えてくれるところは、エンジニアのモチベーションが高まると思います。資格取得に対しても、必要な教材購入や受験料負担などを会社がしてくれるなどサポートが非常に手厚いと思います。

今後のビジョン

これからも新しい技術へチャレンジしていきたいです。直近では、どの科学館でも使える運営システムの開発をおこなうことが目標です。また、教育システムを充実させていきたいと考えています。学んだことを学びたい人に分かりやすく伝え、そこからもっと新しいことへ挑戦してもらえるような会社にしていきたいと思っています。

北澤 良 RYO KITAZAWA
MESSAGE

これから入社される方へ

当社の開発グループでは、他の大企業と違って、自由に開発を提案でき、それに対して会社が支援をしてくれます。上流工程から下流工程すべてに携わることができ、仕事を委託する立場と受託する立場の両方を経験することができます。自由な社風ですから、社員一人ひとりの積極性が大切になってくると思います。

募集要項・エントリー

サイエンティフィックつくばは、
新たな技術にチャレンジし事業の中核を担っていただける
エンジニアからのご応募をお待ちしています。

PageTop